読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dyson carbon fiber DC26

使っていた掃除機のパーツが徐々に壊れてきていた。最初はリモコンスイッチ。仕方がないから本体のスイッチを押して掃除をしていた。そうしたら今度はホースが途中で割れてしまった。ビニールテープで直すこともできたのだろうけど結局は新しいのを買うことに
家には2匹のお犬さまがいるので毎日大量の抜け毛が発生するので何日も掃除機がない日を過ごすわけにはいかない。といっても掃除機は選ばなければならないので前から気になっていたdysonの掃除機にしてみることにした。



掃除機を組み立ててスイッチを入れてみると、いろいろな記事に載っていたようになかなかすごい吸気音が発生するが、それほどひどくない。タービンヘッドがかなり高回転に回っているのがゴミを吸い込みそうという気にさせる。一通り部屋を掃除してみたあとのビンを見ると犬の毛と細かい埃がしっかり取れている。今までの掃除機は紙パック式だったのでゴミを直接見ていたわけじゃないのだが、なんか掃除やりました!っていう気にさせるという意味ではよいのかもしれない。


regrettable point of Dyson cleaner


dysonの掃除機を買ってよかったと思うんだけど、やはり何点か気になるところがあるので書いてみる。

  • カーボンファイバーブラシのブラシのON/OFFボタンがちょっとぶつかっただけで切り替わる

これは、イスやテーブルの脚に軽くぶつかってもブラシがOFFになってしまうので掃除が中断してしまうのがよろしくない。これ、押し込んであるのがブラシONで引くとブラシOFFにすればよいと思うのだけどどうだろうか?

  • 掃除機ヘッドに埃や犬の毛がつく

床に接地しているからというのもあるのだと思うがヘッドを前後に進めて掃除をするのにヘッドに埃や犬の毛がたぶん静電気でついたまま掃除をするのだとすると何のために掃除機を動かしているのかわからないよね!?

ペットグルーミングツールもいいんだけど、こういうところも気にして欲しかったなー


dyson carbon fire DC26