読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しつけ教室14回目

ジャーマンペットハウス銀座店で福袋を買ってそのままにしていたフードの缶詰、まだ手をつけずに保管してありました。食器にあけ、ヨシを出したとたんROYの物になってしまいました。ROYの近くで動くものならすぐに威嚇…食器にすら手を近づけられません。舐めるようにフードを食べているから食器の中で偏っているのをなおそうとしているだけなのに睨みつけてます。その後の顛末はこちらのブログで。


今日は29(肉)の日 - Yatch's Blog


前回の教室からの間にそういうことがあったのでそれについての報告。噛むなど問題があってからでは遅いので2人で協力して与える。1人はリードをつけて持ちいつでも離せるように準備したうえで手またはスプーンなどで与え、問題があったときにはその時点でフードは終了したほうがよいとのこと。
のっけから悪かったことを指摘されてふて腐れているのでしょうか、ROYは教室の中を嗅ぎ回るばかりで集中できません。できることを披露して早く卒業したがっているのがばれているのかもしれません…。これではコマンドの復習をしても失敗しそうなので以前上下関係を教えるためにホールドスチール (hold still) を教えてもらっていましたがそれの現状確認をすることにしました。が、ボクはほとんどやっていなかったので久しぶりに姿勢を取ってみてもマズルをつかませてもらえず…。完敗です。少し時間を見つけてやりましょうということで宿題項目に復活してしまいました。
気分が落ち着いたのかもう時間も残り少ないので来い(come)、つけ(heel)などを見てもらいます。heelはリードを持たないでやろうとすると首の周りが気になるのかうまくいきません。フードを使ってやっとついてくるという感じ。最後に外に出てheelの確認。今日は他の犬が近くにいる場合でもそちらに気を取られないで歩けるかどうかという少し環境レベルが上がった状態でのテストです。
あ、そうだ。家で使っているロングリードを使ったらハイテンションモードになるのを実際に見てもらいましたw

問題はリードを気にすること。対策としては

  1. 噛み始めたら一部を持ったままですぐ離す(またはリード2本を付けておいて噛んでない方を持つ)。
  2. ばらく静観。
  3. 噛むのを止めたら超お気に入りのフードやおもちゃで釣ってcomeをさせリードへの執着心がなくなった頃に取り返す。
  4. または、(有効であれば)噛む気配を見せたら即座にガラン*1を鳴らす。思いっきり!!!
http://bit.ly/9HNTK1


さて、次回までの宿題は…

  • ロングリードを使ってのcome。ロングリードの扱い方注意。
  • ガムを使ってのout。
  • fetch/hold。
  • ホールドスチール(hold still)。
  • 常に注意を向かせるようにsit、ジグザグ歩行、スピード変化等を織り交ぜたheel。
  • 甘くなってきたのでstayも復習。
  • お肉のあげ方注意。
http://bit.ly/9HNTK1


d:id:ykhroki:20091218:1261232846

ジャーマンペット
ドイツ最大のペットフード会社 アニモンダ
1980年設立の犬具メーカー Hunter

*1:ガランとは小銭の入った缶のこと。ROYはこの音が大嫌い