読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ROY, ダウンする

朝から食が細いうえ水もあまり飲まずいつもと違って動きもだらだらしている。まぁ、飼い主も今日は少しだらけていたのでこういう日があって好都合!?とばかりにゆっくりとした一日を過ごしていた。
そうやって時間を消費していた15時頃、こんなにだらだらしているならROYをリビングに出しても問題起きないんじゃないか?ということでROY部屋とリビングを隔てるペットゲートを外してみる。ゆっくりとリビングを一周して元のROY部屋に戻ったのでやっぱり居心地いいんだね〜と安心していたその時、ソファの前にあるローテーブルの上からメガネ拭きのクロスとコースターをくわえてしまった。これはまた誤飲かと思い、ガムやペーストを使って口から取り出そうとするが威嚇して口を開かない。コースターは偶然落としたので片付けたけどクロスはまた飲み込んでしまった…。今回の飲み込んだクロスは以前誤飲したペットシートとほぼ大きさが同じだったので明日になったら出てくるだろうと思いその場は終了。
夕方を過ぎそろそろ少しは元気になってほしいと思っているのだが横になったまま全然動かない。ボールやタオルで遊びに誘うも全く動かずフードにも水にも手を出さない。あれ、これはまずいんじゃないかと思ってブリーダーさんに電話をしたのがもうすぐ22時という頃。やはり遊びに誘っても動かないというのはかなり体調が悪いということなので今から動物病院に行くか明日の朝すぐにいった方がよいとのこと。
またもや千葉市獣医師会「夜間緊急診療制度」のお世話になることに決めました。本日の担当医は中央区松波の「岡本動物病院」さん。現状を伝えてすぐに車で向かう準備をします。車の準備をして部屋に戻ると…首輪をしているROYの目は、散歩に行けると思っているのか普通に元気そうでさっきまでの動かないのから考えるとめちゃくちゃ違和感あります。ROY、辛いの我慢しているのか!?
病院ではまず体温を測ってみました。39.8℃あります。これは子犬といえどもかなり高いです。一緒にいたとはいえ熱が高かったとは全く気がつきませんでした。飼い主失格です。最近おこったことを先生に説明してみますが、これといって思いつく病名はないとのこと。今晩の治療としては解熱剤の座薬をさし抗生物質を注射することにしました。明日の朝、もう一度病院に行ってみます。



大きな地図で見る


千葉市獣医師会
健康管理 体温・脈拍のはかり方 - 花王 愛犬と暮らす生活事典
犬の発熱 - 犬の病気大辞典