読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホウリーウッズ久留里キャンプ村(千葉県君津市)

ROYがきてから行動半径が小さくなっているなぁという気がしていたのでどこかに行きたい欲求がたまってきている。ROYもアスファルトの地面を歩くよりも土の地面を歩く方が楽しいんじゃないかなぁという気がしてきたので自然の中に連れて行くことにした。本当は自分が行きなれているMUJI津南キャンプ場やMUJI南乗鞍キャンプ場がよかったのだけど、休日に高速道路を使って移動するには1,000円渋滞を考えなければいけないし、犬づれだとどのぐらいのペースで休憩をしなければならないかわからなかったので近くに行くことにした。千葉県内でキャンプをしたのは2カ所あるのだけど、ROYが楽しめるかどうか考えたらちょっと物足りない感じがしたのでいくつかblogを検索して3つほどにしぼってみた。あるblogでその中のキャンプ場をこよなく愛している人がいて興味がわいてきたのでそのキャンプ場にいくことにした。今回は「ホウリーウッズ久留里キャンプ村」。フリーサイトはドングリがなる林の中に腐葉土が敷き詰められていて芝生のサイトの経験しかなかったのでちょっと新鮮。ペグもハンマーいらずでザクザク刺さるし、踏みしめた感じはふかふか感がありこういうサイトもいいかなというのが第一印象。
ROYはというと落ち葉や枯れ木が存分に落ちているサイトでまるで拾い食いしてくださいというサイトを気に入ったのか脇目もふらずに拾い食いを続けていた…。
山の中にあるキャンプ場だからか日が落ちるのは早く17時になる前に日は隠れ暗闇が広がってくる。林の中ということもあってさらに暗さが増す。
暗くなってしまうと何もすることがなくなってしまうので早めの食事。今夜はダッチオーブンを使ったカレー風味の炊き込みご飯とトマトスープ。その後、ROYにフードをやるが落ち葉や枯れ木でお腹いっぱいになってしまったのかいつもの半分ぐらいの量しか食べない。暗くなってから散歩に連れて行っても見えないだろうからということでROYのお遊びは終了でその後はたき火を囲んで何もしない時間を楽しむ。
ところが、夜になってくるとサイトの自然とはまったく逆の生活音がキャンプ場に鳴り響くのでちょっとげんなり。最悪なのは飛行機音がかなり大きくしかも頻繁に聞こえてくること。これはちょっと想定外だったのでガックリした。
もう一つがっかりしたのはROYがドッグテントに入るのを拒否したこと。店で見たときにはROYの体にぴったりと思って買ったのだけど、設営してみると高さ方向がちょっと足りないような気がする。テントに入るようにフードなどを使って誘ってみるが全く無理。時間をかけても入らないようなのでドッグテントをあきらめ車からサークルを取り出しテントのフライの下に入るようにして寝ることにした。外で寝るのが初めてのROYはいつもと気配と違うからか体を噛んだりなめたり動いたりしてほとんど寝ていないんじゃないかな。このキャンプは怖い思いをさせただけでROYにとって苦痛なんじゃないかという気がしてきた


RIMG0055.JPG


ホウリーウッズ久留里キャンプ村
大原オートキャンプインそとぼう
キャンピングヒルズ鴨川
JAきみつ 味楽囲おびつ店